一般社団法人 日本アレルギー学会

English
会員マイページ
専門医について
第71回日本アレルギー学会学術大会
第8回総合アレルギー講習会
第5回臨床アレルギー講習会

会員ログイン

令和4年度(2022年度)専門医試験の実施について

更新日時:2022年9月6日
<お知らせ>(2022/9/6更新)
・9/6(火)に合否通知を発送いたしました。(不合格者には申請書類をレターパックライトにて返送させていただきました。)
・同封の郵便振替用紙で認定料をお振込みください。入金確認後、10月上旬に認定証を発送いたします。

 令和4年度専門医試験(CBT試験)

令和4年度専門医試験は、2022年1月23日(日)に都内会場で実施を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の急拡大を受け、7月16日(土)に延期し、CBT方式(従来の筆記試験(マークシート方式)ではなく、コンピューターを利用した試験)にて実施することとなりました。

1.実施日 2022年7月16日(土)

2.時 間 14:00~17:00(3時間)
      一般共通問題(1時間)、専門領域問題(2時間)からの出題 
      ※試験開始時刻の30~5分前にお越しください。

3.会 場 全国のCBTテストセンター(指定会場)
      全国に設置されている委託業者のCBTテストセンターを利用します。
      本学会に2月22日時点で登録のある雑誌送付先(住所)の都道府県(またはその近隣             
      地域)にあるテストセンターで受験いただきます。(会場の変更はできません。)
      

4.出題形式 (1)一般問題、症例問題ともに五者択一式 
           眼科のみ一部記述式 
       (2)一般共通問題40題
       (3)専門領域問題 一般問題60題、症例問題10題
           眼科のみ:一般問題13題、症例問題2題(3題より選択、記述式)

審査結果

2022年9月末日までに本人に通知します。

※合格された場合の認定期間は、2022年4月1日から5年間となります。

 

CBT試験についてのよくあるご質問

1.本人確認証について ※当学会発行の受験票は使用できません。
(1)本試験では、「基本ルール【ア】:1点で受理可能な証明書(顔写真付)」のみ有効です。
基本ルール【ア】の詳細は、下記ページからご確認ください。
http://cbt-s.com/id_verify.html
他のCBT試験では、基本ルール【イ】(顔写真なし)の証明書でも受験可能となっていますが、この専門医試験では、【イ】の証明書では受験できませんので、ご注意ください。
※基本ルール【ア】の本人確認書類のご用意が難しい方は、「CBTS試験用身分証明書(PDF)」をダウンロードして必要事項を記入・作成のうえ、保険証との2点にて受理が可能です。ただし、保険証の持参がない場合は受験できませんのでご注意ください。
(2)婚姻等により姓が変わられている場合
試験実施のご案内メールに記載されている受験者氏名と一致する証明書の提出が必要となります。

2.試験時間について
・試験時間は3時間です。
・共通問題で1時間、専門領域問題で2時間の時間制限があります。
・トイレ休憩の時間は設けていません。試験中にトイレで離席する際は、試験監督にお声掛けください。(試験当日の受付時にご説明します)

3.CBT委託会社のマイページ利用について
本試験は、受験者ご自身でテストセンターをご予約いただく方式をとっていませんので、受験規約に記載のあるマイーページの利用はありません。(マイページを利用した予約の変更・キャンセルはできません)

4.筆記用具の持ち込みについて
ご自身の筆記用具の持ち込みはできませんが、試験会場にて、メモ用紙と筆記用具の貸与がございます。下記の受験規約をご確認ください。

<受験者の利用規約>
・受験者は、試験監督官から渡されたメモ用紙や筆記用具、その他の貸与品を試験開始前には使用できません。
・受験者は、試験終了後、メモ用紙や筆記用具、受験ログイン情報の記述された用紙、及びその他の貸与品のすべてをすみやかにご返却ください。

5.遅刻について
試験会場へは、試験開始時刻の30分~5分前に会場にお越しください。
試験開始後30分以上遅刻した場合は受験できません。

受験困難者への特例措置など

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、所属機関から出張制限や感染の疑いがあるなどで今年度の受験が困難な方には、以下のように対応します。

1.令和4年度専門医申請書類審査の結果、専門医受験資格「有」と判定された方で、今年度の受験を見送り次年度の受験を希望される方は、改めて申請することなくそのまま次年度(令和5年度)の試験に適用することとします。

2.次年度の受験を希望し合格された方は、令和5年度認定専門医とし、認定開始日は2023年4月1日、認定期間は5年間とします。(希望があれば、認定開始日を1年遡及することを可能とします。その場合の認定期間は5年間です。)

※令和3年度試験から令和4年度試験に振替受験となった方も、上記の措置を適用します。

令和3年度専門医試験の受験を予定されていた先生方へ(お知らせ)

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、昨年度の専門医試験が中止となりましたので、受験資格を令和4年度専門医試験に適用します。

改めて申請書の提出は必要ありませんが、下記に該当する方は、11月20日までに事務局までご連絡ください。(該当のない方は、手続き不要です。)

1)受験票の送付先に変更のある方
12月下旬に、受験票を当学会に登録のある雑誌送付先へ郵送しますので、登録情報に変更がある方は、当学会サイトから速やかに変更手続きを済ませてください。また、雑誌送付先とは異なる住所への郵送をご希望の方は、事務局までご連絡ください。

2)認定期間の遡及をご希望の方
令和4年度専門医試験に合格された場合の認定期間は、2022年4月1日から5年間となります。
認定開始日の1年遡及をご希望の方は、事務局までご連絡ください。(その場合の認定期間は2021年4月1日から5年間となります。)

3)令和4年度試験の振替受験が困難な方
国外留学、出産などの理由により令和4年度試験の受験が困難な方には、以下の特例措置を講じますので、更に1年の繰り越しをご希望の方は、事務局までご連絡ください。(受験困難な理由、令和5年度試験の受験可否についてお知らせください。)


【令和4年度試験の振替受験が困難な方への特例措置】
①昨年度(令和3年度)専門医試験の中止により、受験資格が令和4年度試験に繰り越された方が、国外留学、出産などの理由により当該試験の受験が困難な場合には、改めて申請することなく、更に1年の繰り越しを可能とし、令和5年度試験の受験を認めます。

②令和5年度試験に合格した方は、令和5年度認定専門医とし、認定期間は2023年4月1日から5年間とします。(希望があれば、認定開始日を、当初申請年度での認定開始日に遡り、認定期間を2021年4月1日から5年間とします。)

お問合せ先

日本アレルギー学会 事務局(専門医制度担当)
E-mail:info@jsaweb.jp

このページの先頭へ