一般社団法人 日本アレルギー学会

English
会員ログイン
学会賞・助成金
第71回日本アレルギー学会学術大会
第8回総合アレルギー講習会
第5回臨床アレルギー講習会

会員ログイン

各種公募・助成金情報

更新日時:2022年6月15日

本学会に寄せられている各種公募・助成金について、御案内いたします。詳細・問い合わせにつきましては、各項目を御確認ください。は新規掲載です。

公益財団法人 上原記念生命科学財団

2022年度上原賞(推薦依頼)

対象課題:生命科学、特に健康の増進、疾病の予防、および治療に関する以下の分野の研究
 (1)東洋医学、体力医学、社会医学、栄養学、薬学一般
 (2)基礎医学 (上記以外)
 (3)臨床医学 ( 〃 )
 (4)生命科学と他分野との融合領域(生体情報学、生体医工学、生体材料学など)
募集方法:財団の役員・評議員、名誉理事、諮問委員、各学会の代表者および上原賞受賞者に推薦を依頼する。
締切:2022年9月2日(必着)
詳細はこちらをご確認ください。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問合せください。

2022年度 各種研究助成

詳細はこちらをご確認ください。

第31回木原記念財団学術賞(推薦依頼)

対象:生命科学分野の50歳以下(締切日時点)の国内の研究者で、高い基礎研究レベルをもつ優れた独創的研究であって、インパクトのある研究成果をあげつつも今後のさらなる発展が大きく期待できる研究を行っている方。
推薦者:自身が所属する学会長、大学(学長・学部長、研究所長等)、研究機関代表者、木原記念財団学術賞受賞経験者(特別賞・応用科学賞含む)とし、1推薦者からの推薦は、原則として1件とします。
締切:2022年9月30日(アップロード期限)
詳細はこちらをご確認ください。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問合せください。

令和5年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(推薦依頼)

(1)科学技術賞
1)開発部門:我が国の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与する画期的な研究開発若しくは発明であって、現に利活用されているものを行った個人若しくはグループ又はこれらの者を育成した個人
2)研究部門:我が国の科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な研究又は発明を行った個人又はグループ
3)科学技術振興部門:研究開発の社会的必要性に関する研究等の分野において、科学技術の振興に寄与する活動を行い、顕著な功績があったと認められる個人又はグループ
4)技術部門:中小企業、地場産業等において、地域経済の発展に寄与する優れた技術を開発した個人若しくはグループ又はこれらの者を育成した個人
5)理解増進部門:青少年をはじめ広く国民の科学技術に関する関心及び理解の増進等に寄与し、又は地域において科学技術に関する知識の普及啓発等に寄与する活動を行った個人又はグループ
(2)若手科学者賞
萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者個人
(3)研究支援賞
科学技術の発展や研究開発の成果創出に向けて、高度で専門的な技術的貢献を通じて研究開発の推進に寄与する活動を行い、顕著な功績があったと認められる個人又はグループ
推薦期間:2022年5月31日~7月21日
詳細はこちらをご確認ください。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問合せください。

第12回(2023年度)三島海雲学術賞(推薦依頼)

対象分野:自然科学部門 - 「食の科学」に関する研究:食品素材、製造・加工・調理、発酵・微生物利用、栄養・嗜好・生理機能、食の安全、疾病予防などに係る研究
対象者:・45歳未満の者(2023年4月1日現在)・日本在住の研究者及び海外在住の日本人研究者
推薦期間:2022年8月1日~9月30日
詳細はこちらをご確認ください。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早目にお問合せ下さい。

第31回日本医学会総会奨励賞(推薦依頼)

応募条件:
・日本医学会分科会もしくは日本医師会に所属している者(医師に限定しない)
・2023年4月1日時点において40歳以下とする
・2019年以降の発表論文(主に国内で行われた研究)を対象とする
・本総会要旨集に受賞内容に関連した抄録の掲載が可能な者
・受賞講演での発表が可能で、かつ2023年4月23日(日)の授賞式に出席が可能な者
受付期間:
2022年5月1日~9月30日(必着)
詳細はこちらをご確認下さい。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問合せ下さい。

公益財団法人医療科学研究所

2022年度研究助成

対象者: 医療経済、医療制度、医療政策、社会保障政策、医療関連産業政策、その他広く医療に関して、優れた萌芽的研究あるいは独創的研究を目指す個人またはグループ(主たる研究者は、2022年4月1日現在で40歳以下であることが望ましい)。
助成対象研究:
(1)医療及び医薬品に関する経済学的調査・研究
(2)医薬品等研究開発・生産・流通に関する調査・研究
(3)医療とその関連諸領域の学際的調査・研究
(4)指定課題研究
 テーマ1「医療科学分野のDX」
 テーマ2「COVID-19の影響:With/Post コロナ時代の医療提供システム」
 テーマ3「薬価制度と新薬開発」
応募締切日:2022年6月30日(必着)
詳細はこちらをご確認下さい。

日本医師会

2022年度日本医師会医学賞(推薦依頼)

1) 1名当り 500万円。対象は、日本医師会会員で、医学上重要な業績をあげた方。
2) 基礎医学部門・社会医学部門・臨床医学部門(内科系),臨床医学部門(外科系)を通じ計4名におくられる。
受付期間:2022年5月15日~7月1日(必着)
詳細はこちらをご確認下さい。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問合せ下さい。

2022年度日本医師会医学研究奨励賞(推薦依頼)

1) 1名当り 150万円。対象は、日本医師会会員で、医学上将来性に富む研究を行っている方。
2) 基礎医学部門・社会医学部門・臨床医学部門(内科系),臨床医学部門(外科系)を通じ計15名におくられる。
受付期間:2022年5月15日~7月1日(必着)
詳細はこちらをご確認下さい。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問合せ下さい。

遠山椿吉記念 第8回 食と環境の科学賞

対象:日本を拠点に活動する個人の研究者または研究グループ
重点課題: 食品の安全: たとえば、食品媒介微生物、残留化学物質、天然有毒・有害物質、食品添加物、食物アレルギー、器具・容器包装などに関する調査研究やこれらの分析法の開発、食品中の放射能汚染など、食品の安全に関わるものなどです。食品の機能:たとえば、食品の機能性成分に関する研究や、これらの分析方法の開発 などです。生活環境衛生: たとえば、シックハウス、アスベストやダニ、カビなど室内環境、大気汚染、ビル衛生、飲料水の安全性、水と感染症の問題などです。
募集期間:2022年4月1日~6月30日(消印有効)
詳細はこちらをご確認下さい。

公益財団法人 MSD生命科学財団

研究助成 -呼吸器・アレルギー領域-
対象:【若手研究者40歳以下(M.D.42歳以下)】呼吸器・アレルギー疾患の治療の進歩・発展に貢献できる次世代を担う若手研究者の育成を目的とし、医学系の研究を対象とします。また、臨床への応用を促進するためM.D.研究者の活躍を積極的に支援します。(なお、2022年度募集より医学奨励賞[追加助成]の授与はありません。)
研究課題:医学系における呼吸器・アレルギー疾患に関する独創的な基礎研究または臨床研究
募集期間:2022年4月1日~6月30日
詳細はこちらをご確認下さい。

 

このページの先頭へ