一般社団法人 日本アレルギー学会

English
会員ログイン
学会賞・助成金
第70回日本アレルギー学会学術大会
第8回総合アレルギー講習会
第4回臨床アレルギー講習会

会員ログイン

各種公募・助成金情報

更新日時:2021年7月16日

本学会に寄せられている各種公募・助成金について、御案内いたします。詳細・問い合わせにつきましては、各項目を御確認ください。は新規掲載です。

公益財団法人 ニッポンハム食の未来財団

2022年度公募型研究助成事業
対象:「食物アレルギー」に特化しています。助成区分を「共同研究助成」と「個人研究助成」とし、それぞれに枠を設けることで食品系研究者と医学系研究者との共同研究の推進や若手研究者の支援を目指しています。
募集期間:2021年7月16日~9月30日(消印有効)
詳細はこちらをご確認ください。

2021年度朝日賞(推薦依頼)

対象:学術、芸術などの分野で傑出した業績をあげ、わが国の文化、社会の発展、向上に多大の貢献をされた個人または団体に贈ります。原則として年度賞とし、毎年1月から12月までの業績を対象とします。長年にわたる業績に対してお贈りすることもあります。
選考方法:全国の大学、研究機関、有識者らに候補推薦を依頼し、朝日新聞文化財団朝日賞選考委員会で受賞者を選考します。
募集期限:2021年8月25日(必着)
詳細はこちらをご覧ください。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早目にお問い合わせ下さい。

2021年度食創会 第26回安藤百福賞

対象者:食に関わる次の分野における研究者、開発者、およびベンチャー起業家(原則として個人)を受賞対象者とします。
(1)食科学の振興に貢献する者:食の発展に繋がる独創的かつ将来性豊かな学術的基礎研究を実施した者。
(2)新しい食品の創造・開発に貢献する者:独創的な技術開発または発想により新しい食品や市場を創造した者、または新しい食品の創造に繋がる新規の食品加工技術、分析技術などを発明した者。
(3)食に関わるベンチャーを起業した者:独創的な食品や食品加工技術、分析技術、流通システムなどを開発し、ベンチャーを起業した者。
締切:2021年9月30日(必着)
詳細はこちらをご覧ください。

公益財団法人 上原記念生命科学財団

2021年度上原賞(推薦依頼)

対象課題:生命科学、特に健康の増進、疾病の予防、および治療に関する以下の分野の研究
(1)東洋医学、体力医学、社会医学、栄養学、薬学一般
(2)基礎医学 (上記以外)
(3)臨床医学 ( 〃 )
(4)生命科学と他分野との融合領域(生体情報学、生体医工学、生体材料学など)
募集方法:財団の役員・評議員、名誉理事、諮問委員、各学会の代表者および上原賞受賞者に推薦を依頼する。
締切:2021年9月3日(必着)
詳細はこちらをご覧ください。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問い合わせください。

2021年度 各種研究助成

詳細はこちらをご覧ください。

第30回木原記念財団学術賞(推薦依頼)

対象:生命科学分野の50才以下(2021年9月30日締切日現在)の国内の研究者で、高い基礎研究レベルを持つ優れた独創的研究であって、すでにインパクトのある研究成果を上げつつも今後のさらなる発展が大きく期待できる研究を行っている方。ただし、推薦の研究課題で他の著名な賞を受けていないこととします。
推薦者:自身が所属する学会長、大学(学長・学部長、研究所長等)、研究機関等の代表者、木原記念財団学術賞受賞経験者(特別賞・応用科学賞含む)とし、1推薦者からの推薦は、原則として1件とします。
締切:2021年9月30日(アップロード期限)
詳細はこちらをご覧ください。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問い合わせください。

一般財団法人 ホーユー科学財団

2022年度研究助成の募集
対象:1. 国内の国公私立大学(含付属研究機関)または国公立研究機関に所属する研究者を助成対象とする。2. 応募は個人研究を対象とするが、共同研究者があってもよい。3. 応募は一人一件を原則とするが、研究課題が異なる場合は複数申請を認める。
助成分野:1. 化粧品・医薬部外品関連 2. 医薬品関連 免疫・アレルギー学分野 (特に募集するテーマ以外の研究でも応募可。)
募集期間:2021年7月1日~9月30日(必着)
詳細はこちらをご覧ください。

令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(推薦依頼)

(1)科学技術賞
1)開発部門:我が国の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与する画期的な研究開発若しくは発明であって、現に利活用されているものを行った個人若しくはグループ又はこれらの者を育成した個人
2)研究部門:我が国の科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な研究又は発明を行った個人又はグループ
3)科学技術振興部門:研究開発の社会的必要性に関する研究等の分野において、科学技術の振興に寄与する活動を行い、顕著な功績があったと認められる個人又はグループ
4)技術部門:中小企業、地場産業等において、地域経済の発展に寄与する優れた技術を開発した個人若しくはグループ又はこれらの者を育成した個人
5)理解増進部門:青少年をはじめ広く国民の科学技術に関する関心及び理解の増進等に寄与し、又は地域において科学技術に関する知識の普及啓発等に寄与する活動を行った個人又はグループ
(2)若手科学者賞
萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者個人
(3)研究支援賞
科学技術の発展や研究開発の成果創出に向けて、高度で専門的な技術的貢献を通じて研究開発の推進に寄与する活動を行い、顕著な功績があったと認められる個人又はグループ

受付締切:2021年7月21日
詳細はこちらをご覧ください。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問い合わせください。

第11回(2022年度)三島海雲学術賞(推薦依頼)

対象分野:自然科学部門 - 「食の科学」に関する研究:食品素材、製造・加工・調理、発酵・微生物利用、栄養・嗜好・生理機能、食の安全、疾病予防などに係る研究
対象者:・45歳未満の者(2022年4月1日現在)・日本在住の研究者及び海外在住の日本人研究者
推薦者:・公益財団法人三島海雲記念財団より推薦依頼を受けた学会及び大学等研究機関の代表者、財団の理事並びに評議員
推薦期間:2021年8月1日~9月30日(消印有効)
詳細はこちらをご覧ください。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問い合わせください。

日本医師会

2021年度日本医師会医学賞(推薦依頼)

1) 1名当り 500万円。対象は、日本医師会会員で、医学上重要な業績をあげた方。
2) 基礎医学部門・社会医学部門・臨床医学部門(内科系),臨床医学部門(外科系)を通じ計4名におくられる。
3) 各機関からの推薦数は各部門1名以内
受付期間:2021年5月15日~7月2日(必着)
詳細はこちらをご覧ください。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問合せください。

2021年度日本医師会医学研究奨励賞(推薦依頼)

1) 1名当り 150万円。対象は、日本医師会会員で、医学上将来性に富む研究を行っている方。
2) 基礎医学部門・社会医学部門・臨床医学部門(内科系),臨床医学部門(外科系)を通じ計15名におくられる。
3) 各機関からの推薦数は各部門1名以内
受付期間:2021年5月15日~7月2日(必着)
詳細はこちらをご覧ください。
* 日本アレルギー学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局まで早めにお問合せください。

公益財団法人 MSD生命科学財団

対象:【若手研究者】 呼吸器・アレルギー疾患の治療の進歩・発展に貢献できる次世代を担う若手研究者の育成を目的とし、医学系の研究を対象とします。さらに、発展的かつ優秀な研究成果を収めた研究者の方には、表彰と追加助成を行います。
研究課題:医学系における呼吸器・アレルギー疾患に関する独創的な基礎研究または臨床研究
募集期間:2021年4月1日~6月30日
詳細はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ